NEWS&お知らせ

  1.  > 
  2. News&イベント・セミナー > 
  3. 11月20日 院内勉強会
News&イベント・セミナー 48 Views

11月20日 院内勉強会

今日の院内勉強会のテーマは「不定愁訴の治療」についてでした。

不定愁訴とは 「目の疲れ」「冷え性」「頭が重たい」「眠りにくい」「イライラする」などの自覚症状を訴えるが 特に病気や疾患による原因がないとされるものです。

それらは自律神経の乱れ(交感神経が過剰)によって引き起こされます。

自律神経とは、活発に動く為の「交感神経」心身ともに休める為の「副交感神経」からなります。

不定愁訴に対しての治療は、手技による筋肉治療やトリガーポイント鍼療法で筋肉に対してアプローチすることで「交感神経優位」の状態の身体を「副交感神経優位」の身体にもっていくことです。

 

今回、改めて勉強をし直すことで 自分達が根拠のある治療を理解し、患者さんに理解してもらい、体現することが当たり前であるが大切だと感じました。

 

私ごとですが、先日、胃の状態を悪くした際に院長に背中~腰、お腹に鍼治療をしていただき、とてもスッキリして、身をもって体験しました。

 

一見、整骨院で治すというイメージがないような症状も、当院の治療では改善するものが沢山あります。是非一度、ご相談ください。

  • ご予約・お問合わせはこちら